※鑑定実績とは鑑定所や協会全体の実績ではなく,担当鑑定人の実績・技術力で評価されるものです・・・

専門性が高く公的資格制度のない鑑定人は,技術力や実績に大きな個人差が見られます。このことから、担当する鑑定人に実績や技術力があるか見極めることが重要であるといえます。しかしながら、一部の鑑定所や協会は,複数の鑑定人の実績を加えた総合実績数を表示しております。このことは,あたかも担当鑑定人個人の実績であるかのような誤認を与える可能性があります。例えば、過去の実績や研究結果、それに加えブログ内容などを考慮し,その鑑定事務所に依頼しても、実際には実績や技術の伴わない鑑定人が担当することがあります。まさに,虎の威を借る狐であったということもあり得るのです。よって、当研究所では鑑定実績は当然のことながら担当鑑定人の実績のみを表記することで誤認防止に努めております。即ち,鑑定実績は二瓶鑑定人個人の実績や「お客様の声」を表記したものであり、他の鑑定人を含めた実績ではないと明言いたします。このことは,筆跡鑑定が専門性の高い分野であることから非常に重要であると考え,これからも誠実で確かな鑑定所と言っていただけますよう二瓶鑑定人が責任を持って鑑定業務を遂行させていただく所存です

速報H27年5月以降5件目勝訴判決のご連絡をいただいております。
 

【緊急告知!!】これから、筆跡鑑定や反論書をご依頼される方、過去に当研究所で鑑定書や反論書をご依頼された方で当鑑定人の『証人尋問』の必要がございましたら、無料にて証人として出廷いたします。ただし、交通費のみはご負担いただけますようお願いいたします。その際は余裕をもってご依頼ください。・・・無料出廷の理由は、下記当鑑定人のブログ『見る目がない』をご覧ください。

<ホームページでは書けない鑑定人の独り言> 

筆跡鑑定の信憑性(信頼性)、問題点の数々、法曹関係者の筆跡鑑定の考え方など,従来の鑑定人が隠し続けた事実を惜しみなく公開!!
もう、過去の実績に胡坐をかき続けている鑑定人は許さない・・・。日本の筆跡鑑定が危ない・・・。
などの秘話を当鑑定人の目線で鋭く切り込みます。

鑑定人ブログは 

ココをクリック!!
 

※筆跡鑑定士という呼称は公的には存在しないため、当ホームページでは『筆跡鑑定人』という正式な呼称を使っています

pagetop