筆跡鑑定 トラスト筆跡鑑定研究所

お問合わせ
042-707-0809

トラスト筆跡鑑定研究所 概要

トラスト筆跡鑑定研究所 概要
当研究所は、トラスト(=信頼)の名の通り,ご依頼人との信頼関係をとても大切にしています。料金後払い、返金保証など業界初の取り組みは、信頼関係の証です。ご依頼は、郵送はもとより資料持込などにも対応しております。

また,資料によっては真偽をその場でお答えすることも可能です。もちろん,ご納得できるよう根拠の解説も行います。あまりにも容易に判断するのでご来所された方は大変驚かれるのですが,当職の特異な素養からくる特技とでもいうものでしょうか。大の鑑定好きは,このことに起因しているようです。

所在地は,青山学院大学と桜美林大学のあるJR淵野辺駅から徒歩3分、ご予約いただければご来所も可能です(4名様まで)。お急ぎの場合は当日予約にも対応させていただきます。自宅ではない独立したオフィスであり,大の鑑定好きなことから土,日でも大丈夫です。完全無料にてわかりやすく丁寧にご説明させていただいております。
筆跡鑑定所名トラスト筆跡鑑定研究所
筆跡鑑定人二瓶 淳一(にへい じゅんいち)
所在地〒252-0206
神奈川県相模原市中央区淵野辺3-7-16
グローリア初穂相模原805
TEL/FAX042-707-0809(24時間受付)
携帯電話090-2655-7711
E-MAILask@trust-kantei.com
加盟団体相模原商工会議所



設備紹介

精密な鑑定を実現する最新鋭の機器とセキュリティ対策
当研究所のある建物は、管理人駐在でオートロックに対応しております。
赤外線カメラ、マイクロスコープ、一眼レフカメラなどの機器も導入し精密な鑑定を行っております。
精密な鑑定には欠かせない高スペックコンピュータ
高解像度を誇るプロ仕様スキャナー
情報漏えいを防ぐ細かな裁断シュレッダー
万一の火災に備えた「お預かり資料」を守る防火BOX


鑑定人紹介

筆跡鑑定に対する情熱は誰もが認めるところである。

筆跡鑑定業界への独立開業は極めて困難といわれている中、幼少期から養われた特異な鑑定センスと民間企業で鍛え抜いた技術を駆使し、開業から僅か2年半で年間鑑定実績100件を突破するなど業界屈指の実力を持つ。

探究心の強さと高い感性のもと筆跡データベースを活用するなど新しい手法を取り入れ、真実を探る科学的な鑑定をおこなう。全国から筆跡サンプルの募集は業界初であり、筆跡のデータベースの構築にいち早く取り組む。

裁判に使用する鑑定書では、筆跡データに基づく科学的鑑定手法によって、科学捜査研究所(通称科捜研)文書鑑定専門官OBを含む総勢4人ものベテラン鑑定人を相手にし勝訴判決に貢献した実績がある。

現在,筆跡鑑定人には資格制度がなく,また筆跡鑑定学という学問もない。また,当鑑定書の信憑性を判断できる筆跡鑑定に精通した能力のある人物も存在していない。我が国では筆跡の研究機関が警察系組織のみに存在していることから民間の鑑定人個々の専門性を示すことは困難といえる。一方,我が国には筆跡鑑定の研究機関であり専門組織である,科学警察研究所 情報科学第二研究室があるが,その部署の鑑定技術が優れているとは言い難い。なぜなら,当該研究室の開発した技術が優れていれば,裁判で使用する鑑定書は彼らOBらに依頼が集中するはずである。もちろん,彼らによって作成された筆跡鑑定書も数多く裁判所に提出されていたが,伝統的筆跡鑑定法を採用していることや鑑定書の内容から技術の低さが露呈され,ほとんど見かけなくなったというのが現状である。つまり,筆跡鑑定人の専門性については肩書だけでは判断できず,また,誰が,どのような基準や方法で専門性の有無を判断するのかという枠組みさえ存在していない。現状では鑑定書に記載の内容やホームページ,ブログなどで情報公開されている媒体にて判断をしていただく方法しかないと考えられる。当職は,誰もが閲覧できる「アメブロ」(SNS)に,5年以上前からおよそ250項目にわたり日々の研究成果や現在の筆跡鑑定に関する問題提起を書き留めている。当然,多くの筆跡鑑定人も目にすることになる。言うまでもないが,当鑑定書の鑑定手法については,他所の鑑鑑定書をコピペしたものではなく,これまで依頼のあった膨大な鑑定資料から調査分析し検証を重ね,長い年月をかけ鑑定方法として取りまとめ体系化したものである。当職の専門性については,これら媒体に記載の研究の成果や検証,問題提起の内容,そして,その集大成である当鑑定書の記載内容から判断していただきたい。
1959年東京 新宿区生まれの調布市育ち (61歳)
1983年國學院大学法学部法律学科卒(高校:國學院大学久我山高等学校卒)
2007年ファイナンシャルプランナー(AFP)取得
~2010年大手電機メーカー、生命保険会社を経て退職
2011年筆跡鑑定事務所開設
2012年~トラスト筆跡鑑定研究所 開業
2014年02月TBSテレビ「アッコにおまかせ!」にて「佐村河内 守」氏の筆跡鑑定をおこなう
2014年07月鑑定実施件数 年間100件を突破する
2014年12月裁判使用の鑑定書又は反論書受託件数 年間20件突破する(主に相続関係他契約書等)
2015年04月筆跡鑑定に統計的手法を取り入れるため、業界初の試みとして全国から筆跡サンプルを募集し、データベースの構築を開始する
2015年05月【全国報道】宮沢賢治「賢治ノート」の筆跡鑑定をおこない直筆であると鑑定する
2015年12月フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」にて落書きの筆跡鑑定をおこなう
2018年11月米国の裁判所に証人として出廷いたしました
2019年01月TBS追跡バスターズにて鑑定を行いました


詳しいプロフィールやエピソードなどはこちら
【ご質問・ご相談は完全無料】丁寧にお応えいたします!

メールでのご質問の場合は、原則としてメールにて回答をさせていただきます。
依頼を促すようなメールやお電話は一切致しませんのでご安心してご質問・ご相談ください。
(注)迅速な対応を心がけていますが、メールの届いた時間によっては翌日の回答となる場合があります。

ページトップへ戻る